ご利益話

ご利益の話

『近世霊験記』『近頃霊験記』について

当山に伝わる書物に、『近世霊験記』『近頃霊験記』があります。これは明治~大正時代当時の柳谷観世音菩薩の御利益、霊験を書き記したものです。筆録者は主に、現在の住職の祖父にあたる第二十三世興空俊隆上人です。
当時の文体ですので、難解な箇所が多く見受けられますが、内容を見ると、眼病に悩む人々の熱心な信仰の告白が記されています。中には現代の私たちからみると、にわかに信じがたい事例もありますが、当時の信心の様子が生々しく伝わってきます。
ここにその事例をいくつか現代語に直してご紹介させていただきます。

霊験話

霊験話 一 ラムネ瓶の破片が目に!愛児のために祈り続けた男性の話

明治43年6月11日、当山受付所(帳場)に突然一人の男性が来山されました。何か話そうとするも、涙を流し嗚咽して声を発することができないようでありました。慰めていると、ようやく落ち着いてきたので、その話を聞くことにしました。以下その老翁が語ったことを記します。私は大阪市西区西野田町に住む久保という者です。先月10日、次男(本年13才)が近くのラムネ製造所に行き、その製造過程を見ておりました。そのとき、突然ラムネ瓶が破裂、その破片が左目に入りました。工場にいる一同は非常に驚き、急ぎ眼医を迎えて治療しようとしましたが、眼晴はすでに石灰色となっており、どう処置することも出来ないと言われました。これを聴き両親は悲嘆にくれました。もう治ることが無いとすれば、我が愛児は一生左目が見えないということになります。どうしてこんな不運に見舞われたのかと、断腸の情、耐え難い思いでありました。

ある人より「山城国柳谷観世音は往古より霊験顕著であり、利益を蒙らない者は無い。一向専心に祈願すれば必ず虚しくなることはない」と勧告され、藁にもすがる思いで、直ちに観音菩薩の霊前に参拝しました。朝夕に「仰ぎ願わくは、慈愍を垂れ平癒の祈願を修したまへ」と祈っております、と。

今月17日(縁日)にその老人が参拝して言うには、「一心に独鈷水を頂き大悲を念じていたところ、息子の石灰色の眼晴もだんだんと清く澄んできて、ついには元通りとなって視力も回復したのです。そこで嬉しくて小躍りしてしまい、お礼にやってきたのです」と。

そして「ああ、深厚なるかな、大悲の恩!」と天地に響くほどの大声で叫んで感謝の意を表し、お供え物をして帰って行きました。(明治43年6月17日筆記)

霊験話 二 眼病を患った少年のもとを訪れた観音様

兵庫県武庫郡良元村の内字小林という所より、村田亀造(14歳)という少年が、大阪市長堀橋の○○眼科病院で三か月程治療を受けていましたが、一向に良くなる気配が無いということでした。その時ある人より柳谷観世音の利益を伝聞し、お寺に籠ろうと志し、門前の旭屋旅館に投宿し、一心不乱に観音様に祈念しました。少年は両目ともに患っておりましたが、二週間程そうしていますと、右眼は日一日と薄紙を削り取るように快方に向かっていきました。大正5年1月5日、家の用事が出来たので一旦村へ帰ることにしました。

その月の10日の夜、不思議にも我が家の門より榊木(さかき)が入ってくる夢を見ました。これは観音様がお渡り来てくれたのだと大いに喜び、翌日11日、早速当山に登り、一層熱心に心願を頼んでいたところ、24日には右眼は新聞紙の細字も明らかに読むことができました。

本人は観音菩薩のお恵みに大いに感激して、左目もご利益に預かろうと思い熱心に信心しているということです。(大正4年11月21日筆記)

霊験話 三 失明から光を取り戻した7日間のお籠り祈願

大阪府北河内郡四ノ宮村字下馬伏 増田栄次郎 51歳
同氏の告白を記載します。

氏は農業を営んでいました。大正5年4月中旬頃より病を得たので、様々な治療をしていましたが、その病気が眼に及んできました。同氏の故郷に、大阪府立病院の助手をしている人がいたので、その人の斡旋でそこで診療を受けていましたが、眼病は次第に重くなり、ついには両目失明ということになってしまいました。

医師には投薬も施術も方法が無いと言われ、一層心淋しくなって日夜泣き暮らしていましたが、親切な友人から「柳谷の観音菩薩を祈願すれば回復すること疑いなし」と聞き及びました。そこで非常に喜び翌5月5日より11日まで、お寺に籠って一心不乱に観音様を念じていました。

7日間経過の後、不思議なことに一日一日薄紙を削り取るように霊験あらわれてきたので、非常に驚き貴びました。その後再三郷里より当山へとお参りに来られるようになりました。同氏の熱心さに観音様も感銘されたのか、遂には両目共に晴眼となりました。毎月17日には必ずお参りして、何があっても観世音の御恩は忘れない生活を送っていますとの事。自分と同じ病気の人を見れば、必ず柳谷の観世音の霊験の貴いことを告げて、病人を悲嘆の淵から救おうとしているということです。

現代のご利益話(一部をご紹介させていただきます)

現代のご利益話
(一部をご紹介させていただきます)

筋無力症のまぶたが良くなりました

ひ孫(4歳)が数年前から筋無力症(眼腱下垂)になり、まぶたが下がってきました。医師の治療を受けましたが、思わしくなく、困っていたところ、柳谷観音の事を聞き、御祈祷をしてもらい、独鈷水をいただいて帰り、毎日目を洗ったところ、まぶたの下がるのが、徐々に止まり、今では完治し、今年の春から元気に保育園に通っています。感謝の気持ちを込めて、お礼詣りに参りました。ひ孫の母親も毎月お詣りさせていただいております。(京都府 O様)

観音様のお陰で61歳の今も眼鏡は不要です

20年以上前の話になりますが、娘が幼稚園に上がる事になり、その準備に洋服やかばん等鵜にアップリケをして、それが全部出来上がった時にころんで左目を怪我しました。左目は相当ひどく内出血し、すぐにお医者様にかかりましたが、その時、父母が昔から柳谷観音を信仰していた関係で、母から柳谷観音への参詣を勧められ、お詣りに来ました。奥の院で、その当時のご住職から治してあげましょうと言って顔に手を当てていただいた温もりは今でも忘れません。その後、1年位毎日お薬と併用して独鈷水で目を洗っていたところ、完治し、以後もずっと調子がよくて、61歳になった現在、眼鏡も不要で観音様のお力だと非常に感謝しています。(奈良市 K様)

弟の目が見えるようになりました

3歳下の弟が6歳位の時、遊びに夢中になって誤って左の目に針金がささり、全く見えなくなりました。驚いて近所に阪大出の眼の医者がいらっしゃったので診てもらいもらいましたが、診断の結果は「視力は戻らない、あきらめて下さい」との事でした。その時近所の方が長い間柳谷の観音様を信仰して、お蔭を受けているので、息子さんの為に一度お詣りをし、本堂で拝んでもらい、家の井戸水を被り21日間行をしたところ、白く濁って全く見えなかった左目が見えるようになりました。お観音様の霊験を目の当たりにして、一種の寒気を覚えた事を今でも思い出します。(四条畷市 Y様)

弟の目が見えるようになりました

私が3歳の頃、「麻疹」の後遺症で両目の黒い部分に星が入り全く見えなくなりました。3回手術をしましたが結果は思わしくなくあきらめていた処、近所の方に柳谷観音様を教えてもらい、母と2人で100日間玉屋(昔の旅館)に宿って毎朝5時のお勤めの時に一緒に拝んでいたところ、こもってから1週間目に少し薄明りが見えるようになり、100日間のおこもりを終える頃には、ボヤーっとですが見えるようになりました。その後視力はどんどん回復し、現在はほとんど支障がありません。それから60年間ずっとお詣りしております。(大阪市 H様)

先日ある方がお参りに来られました。

話を聞くと、娘さんがお風呂で倒れられ意識不明になりそのまま入院されました。全く回復の見込みがなくいてもたってもおられずご両親が当山の観音さんにご祈祷を申し込まれたとのことです。  ご両親も目を患って以来当山にお参りに来られていたというお話でした。年末年始春と三回の特別祈祷をするたびに当山に朗報が飛び込み、私たちもただただ驚くばかりでした。  そして先日無事回復された娘さんとお参りに来られ泣いておられました。不思議なご利益話は、現代にも通じるものだと確信いたしました。これからも私たちが橋渡しをさせていただきます。 観音様の御心のままに。(高槻市 K様)

西宮市の大塚さんよりお話をしていただきました。

私は、今、81歳です。1歳の時に看護婦さんの手違いで点眼薬を間違われ失明しました。おばあさんと月参りをして、宿に泊まり、朝から拍子木の音を聴いていたのを覚えています。 3歳の時にお風呂屋さんで手拭いを指して「てんてん」と言ったことで目が開いことがわかりました。観音さんのおかげで今まで元気でこれました。 と、大塚さんは、今は年に一回のお参りだそうです。次はぜひ17日にお参りしたいとおっしゃていました。

ご利益の話

昨日参拝の方が御詠歌に使用する拍子木をお返しに来られました。その方の曽祖父さんが観音さんにご利益をいただいたというお話を聞かせてくださいました。 曽祖父さんが5歳のころ牛のしっぽが目に当たりつぶれてしまって見えなくなったそうです。そこで、山門前にある玉屋という宿屋で寝泊まりし、3年間当山で籠り、最後は、うっすらと見えて生活が普通にできるようになられたんだそうです。(旭区 山下様) 今、17日に大数珠繰りをしていますが、この大数珠は昔から当山に伝わるものでおそらくその曽祖父さんもこれに願いをかけて廻しておられたんだろうと思います。

ご利益の話

先日、長岡京市にあります安井カメラさんとお話していましたら、社長さんのお父様が当山ご本尊さまからご利益をいただいてたんですよと話してくださいました。 当時、宮大工をされていたお父様は、先が丸くなったカンナで削っていた時に削りかすが目に突き刺さり、大けがをされたそうです。そこで、当山の独鈷水で目を洗ったり、当山に日参され治癒されたそうです。

ご利益の話

この間、わたくしの家の家具が壊れまして、修理にきていただきました。帰りに、30台半ばのその方が、遠慮ぎみにお話をされ始めまして、なんだろうと思いつつ聞いておりましたら、なんと、ご自分が保育園時代のころ目が悪く斜視もあり、ずっとめがねをかけなければいけない、治らないと医者に言われ、母と一緒にお寺に通って、観音様にお願いし、独鈷水も持って帰り、目を洗ったり飲んだりしていました。と。それで治ったんですよ。とお話してくださいました。その方の第一印象は、とてもきれいな茶色のキラキラなきれいな目をされておりましたので、とてもとても驚きました。 最近明治時代のご利益話をまとめたものがみつかったとここにも記しましたが、時間はかかりますが、近世のご利益話を集めていこうと思っております。

ご利益の話

今日、吹田市よりあるご夫婦が来山されました。半年前にお子さんが眼底がやけるという前例のない症例で眼科医には治らないといわれたということでした。しかしながら、当山の観音様にお参りして独鈷水を持ち帰り願うこと半年、完治したと今日報告がありました。 そして、今日は、お礼参りと、お子さんの幸せを願い、ご祈祷され帰られました。大層喜んでおられました。その喜びを善意に代えて他の人に施していただくようお願い申し上げました。

ご利益の話

先日玉屋のご主人から当山にお参りに来られたご夫婦のお話をお聞きしました。
奥様がドライアイで辛かったらしく、日々困っていたそうです。
ある朝、起きかけに昨年秋に飼っていた犬が出て来て「や・な・ぎ・だ・に・か・ん・の・ん」とゆっくり何度も言ったそうです。
気になった奥様が検索され、参拝に来られたという事です。
その後、ドライアイの症状は治ったとご報告がありました。
夢のお告げで参拝にこられた不思議なご利益話です。

ご利益の話

高校生の息子さんがレーザーを目に当てられたそうで目の底を火傷するような怪我をされました。どこに行ってももう治療はできないと言われご両親が昔参拝に来ていた当山でご祈祷を申し込まれ半年、目が治りましたとご報告に来られました。

ご利益の話

今日上書院をご案内していましたら、ご利益話をお聞きすることができました。
西宮市にお住いのご夫婦がいらっしゃいましてそのお兄様が5年前にベーチェット病にかかられ失明の宣告を受けられたそうです。それから、ここに来てお参りし、ご祈祷し、独鈷水を頂いて帰りました。後、いつのまにかきれいに治っていたそうです。「こんなことが起こって本当に不思議だけど本当の話なのです」と語ってくださいました。